よくあるご質問

  • 特許サポートについて

    中国での模倣品対策はどのようにサポートしてもらえるのですか?

    サウストウキョウ特許事務所は、よりお客さまのお役に立つために中国の法律事務所と提携・連携しております。現地の生の状況がわかるため、より実践的な対策をご提案することができます。具体的には、模倣調査、行政・刑事摘発、知財訴訟、水際取締(関税手続き)等の権利行使に関して、強力に支援いたします。特に、調査会社、訴訟代理人、関税代理人の選定に自信がありますので、ぜひ一度ご相談ください。

  • 特許サポートについて

    権利行使までサポートしてもらえるのですか?

    「特許を出願・取得して終わり」という特許事務所は少なくないと思います。サウストウキョウ特許事務所は、「権利を取得した後の権利行使」までしっかりとサポートいたします。例えば、知財訴訟、水際取締(関税手続き)等の権利行使に関して、強力に支援いたしますので、安心してご相談ください。

  • その他

    出願が拒絶されたときの対応は大丈夫ですか?

    これまで、拒絶理由通知対応1200件以上、拒絶査定不服審判200件以上の経験を積んできました。この結果、500件以上の特許査定・特許審決を得ています(継続中も多数あり)。また、審査官との面接審査も数多くの経験しております。特許庁から拒絶理由通知を受けてお困りでしたら、中途受任にも対応していますので、是非ともご相談ください。

  • 特許サポートについて

    他事務所との違いはなんですか?

    サウストウキョウ特許事務所は、電子メールや電話等だけで済ませてしまう事務所とは異なり、お客様とのヒアリングを重視しています。どんなに小さな案件でも、お客様に直接お会いして十分な意思疎通を図り、良好な信頼関係を築くことをモットーにしています。これにより、例えば、お客様が認識している発明を超えて技術の本質を理解し、発明を多面的に捉えた強い特許を取得することができます。これまで、様々な技術分野の発明に対応し、特許出願で約600件以上の実績があります。お客様の真意を測ったうえで、期待以上の結果をお返しすることをお約束します。